上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

参考
IBM/Lenovo トラックポイント付き単体キーボード7
519 :不明なデバイスさん:2014/04/17(木) 16:57:33.38 ID:imMndr9p
現行の0B47181とか0B47208の分解写真が無いと思ったら、
背面板とキーボードが両面テープでベッタリくっついてた。これだと分解したくないわな。
天面板はスマホのガワのようにハメコミ式。簡単にはずれた。ネジなし。

スティックから直接でてるっぽい4ラインのフレキと、
キーボードマトリックスのフレキが別々に制御基板に入ってた。
スティックからの4ラインはひずみゲージ直つなぎかも。
前モデルの一体式コネクタとは違ってた。


オークションでEnterキー外れかけを落札したので早速分解してみた。
2chで分解報告が上がっていたが、Upされてた画像はすでに消えていたので画像を残す。

2chのレス通りであるがこじるのは難しくなかった。また両面テープもゆっくりはがせばなんとかなると思う。
ジャンクが出れば交換できなくはなさそう(それより今までのものと互換性がないのが痛い)

IMG_0238[1]

IMG_0239[1]

IMG_0241[1]

IMG_0242[1]

IMG_0240[1]

スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトThinkPad TrackPoint Keyboard 0B47208を分解してみた

Leave a Reply

* 16文字以内
* 24文字以内
* 16文字以内
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。