上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

以前、AURのfcitx-mozc-utについて書いたがまたマシンをセットアップしていろいろ思ったので書く。

以前書くのを忘れたが消えるファイルとはmozcdic-ut-{hoge}.tar.bz2。
で今回AURのmozc-utの人がsorceforgeで過去のバージョンも保持しているのに気づいたのでそちらのURLに変更するpatchを書いた。
これで一度書いたPKGBUILDがファイルが消えて使えなくなるようなことはなくなった。

そして今後辞書更新とかのためにアップデートする場合、

1,先ほどのpatchを当てる
2,mozc-ut(AUR)のPKGBUILDから、_zipcode_rel、_utdicverを変更する
(_gyp_revなども変わるがとりあえず更新頻度が高い2つだけで)
3,sha512sumsを編集する
mozc-utはsha1sumsなので使い回しできない。残念
4,makepkgする

となる。で完成品がこちら

「_mozcverも上げたほうがいいんじゃね?」と思うが、fcitx-mozcはmozcにpatchが必要なようでpatchが2.16.2037.102向けしかない
まぁバージョン上げでもpatchうまく当たるかもしれんけど。
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイト続・fcitx-mozc-utの四方山話

Leave a Reply

* 16文字以内
* 24文字以内
* 16文字以内
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。