上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  Mac買う
    ↘
   OSX飽きる
    ↙
Arch Linux入れる
    ↘
   艦これやりたい
    ↙
_人人人人人人人人人_
> 艦これやりたい <
 ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄

というわけでpipelightをインストールしましょう。

FlashはNPAPI版(昔ながらのブラウザのプラグイン形式)とPPAPI版(Googleがゴリ押してるやつ。Chrome用)がありますがLinuxのNPAPIは更新が止まり、PPAPI版のみになってしまいました。
NPAPIでも最近までは艦これが動いていたようですが、最近のアップデートで使えなくなったとかなんとか。

AURにはchromium-pepper-flashというパッケージがあり、ChromiumでPPAPIなFlashを使うことができます(googleからChromeのrpmパクってきてflash部分だけパクってくるという豪快さ)が、Firefoxを使いたいところ。
(RetinaディスプレイでHiDPI対応していないChromiumは避けたい)

そこでWineでWindowsのSilverLightを使うためのpipelightをつかって最新のFlashを使おうというわけです。

参考
Pipelight | Installation - Arch Linux
Pipelight - ArchWiki

手順

1,Flashがインストール済みなら削除する

# pacman -R flashplugin

2,x86_64ならmultilibを有効にする
 Wineを使うために必要です

3,pipelightのリポジトリを追加しインストールする
 公式サイトの説明を見て追加する。
 リポジトリがDebianやFedoraだけでなくGentooやopenSUSE、果てはFreeBSDまであって驚き。

# echo -e "\n[pipelight]\nServer = http://repos.fds-team.de/stable/arch/\$arch" >> /etc/pacman.conf
# gpg --list-keys
# pacman-key -r E49CC0415DC2D5CA
# pacman-key --lsign-key E49CC0415DC2D5CA
# pacman -Sy pipelight
# pipelight-plugin --update
# pipelight-plugin --enable flash

4,多分音が出ないのでライブラリを入れる
 これ入れてないとYoutubeとかも挙動おかしかったっす

# pacman -S lib32-libpulse lib32-alsa-plugins

5,動作確認
 http://helpx.adobe.com/jp/flash-player/kb/235703.html

補足,なんかニコニコのコメントとかが豆腐になる

日本語なのにarial使おうとしてグリフがなくて豆腐になるっぽいです。
/opt/wine-compholio/share/wine/fonts/arial.ttfを適当なフォントに差し替えましょう


スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイト【pipelight】Arch LinuxのFirefoxで最新のFlashを使う

Leave a Reply

* 16文字以内
* 24文字以内
* 16文字以内
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。