FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みなさんはWiiを使っていて「健康と安全のために」という表示(通称安全画面)

が毎回出てきてうざいなと感じたことはありませんか?

今回はその安全画面を表示しないようにしたり、不意のアップデートを防いだりできる

Priiloaderについて紹介します。

PriiloaderはWiiメニューをカスタマイズするユーティリティアプリでたとえば

・SystemMenuより先にブート出来る。※ただしSystemMenuが正常な事が前提。
・ディスクからの本体更新要求を回避できるので更新しなくてもゲームができる。
・SDカードにコピー出来ないセーブデータもコピー出来る。
・ディスクドライブチャンネルが邪魔なら別の場所へ任意に動かせる。

など。他にもいろいろなことが出来ます。

用意するもの
・IOS36がパッチ済みのWii
 インストールするためにIOS36をパッチする必要があります。
 まだやっていないかたはこちら
Priiloader
 Priiloaderは古いアプリなので最近のWiiリモコン+が使用出来ません。
 WiiリモコンまたはGameCubeコントローラを用意してください。
 Wiiリモコン+の問題についてはこちら
hacks_hash.ini
 apps\priiloaderに入れておいてください。
 hacks.iniはこちら

手順

1,PriiloaderをHBCから起動する。

PL01.jpeg

2,起動すると「Please wait」と表示される。
 しばらく待ってから+ボタンでインストールします。

PL02.jpeg

PL03.jpeg

3,インストールが終了すると5秒後にHBCに戻ります。

PL05.jpeg

4,Priiloaderを起動する。
 リセットボタン長押しで起動します。

PL06.jpeg

メニューの各項目について。

「System Menu」 Wiiメニューに戻る

「Homebrew Channnel」 HBCに移動する

「BootMii IOS」 IOS245にインストールしたBootMiiを起動する

「Launch Title」 Wiiにインストールされているチャンネルを起動する

「Installed File」 Priiloaderにインストールしたdolを起動する

「Load/Install File」 SDルートにあるdolを起動したり、Installed Fileで起動するdolをインストールする。

「System Menu Hacks」 これについては後ほど

「Check For Update」 アップデート機能のようですが未検証

「Set Password」 パスワード機能?未検証

「Settings」 Priiloaderの設定


5,まずSettingを開き、「Use Classic Hacks.ini」がOffになってることを確認します。
 画像ではOnになってますが・・・

PL07.jpeg

 このHacks.iniはWiiのSystemMenuIOSのどこをどのようにパッチするかということが書かれています。

 「Use Classic Hacks.ini」がOffの場合少し書式の違うHacks_hash.iniを使います。

 Hacks_has.iniのほうが基本的に多機能ですが、うまくパッチされないときには

 「Use Classic Hacks.ini」をOnにしてhacks.iniを使いましょう。

6,メインメニューに戻り、System Menu Hacksを開きます。

PL08.jpeg

 ここがPriiloaderの核の部分となります。

 Hacks_hash.iniを使用している場合以下の様な感じになると思います。
PL09.jpeg

 これらの設定をAボタンで有効/無効を変更していきます。

設定項目一覧

hacks_hash.ini

Replase Health Screen with Backmenu
安全画面を表示しない。

Re-enable Bannerbomb v2
Banner Bomb v2を4.3Jでも使用可能にする(未検証)。

Region Free EVRYTHNG
リージョンチェックを無効にする(未検証)。

Block Disc Updates
ディスクドライブチャンネルで「本体の更新」が出なくする。

Region Free GC Games (No VM Patch)
GCのゲーム起動時リージョンチェックを無効にする(未検証)。

Region Free Wii Games
Wiiのゲーム起動時リージョンチェックを無効にする(未検証)。

Lock System Menu with Black Screen
Wiiメニューを起動するとブラックアウトするようにする。

Remove Diagnostic Disc Check
不明(未検証)。

No System Menu Background Music
WiiメニューのBGMを再生しない。

No System Menu Sounds AT ALL
Wiiメニューで音声をミュートにする。

No-Delete HAXX,JODI,DVDX,DISC,DISK,RZDx
上記のIDのチャンネル(HBCやDVDXなどで使用されていたID)をアップデートで削除されないようにする(未検証)。

Remove NoCopy Save File Protection
コピー禁止のセーブデータをコピー可能にする。

Region Free Channels
チャンネル起動時リージョンチェックを無効にする(未検証)。

Force Disc Games to run under IOS249
ディスクドライブチャンネルのゲームをIOS249を利用して起動する(未検証)。

Auto-Press A at Health Screen
安全画面で自動でAボタンを押す。

Force Standard Recovery Mode
不明(未検証)。おそらく自動でリカバリーモードを起動するもの。

OSReport to UsbGecko(slot B)
スロットBに刺されたUSBGeckoでWiiメニューのデバッグを可能にする(未検証)。

OSReport to UsbGecko(GeckoOS,B)
不明(未検証)。

Move Disc Channel
ディスクドライブチャンネルをA+Bボタンで移動できるようにする。

Block Online Updates
本体設定からの本体更新時に32007エラーを返す。

hacks.ini

Replase Health Screen with Backmenu
安全画面を表示しない。

Auto-Press A at Health Screen
安全画面で自動でAボタンを押す。

Block Disc Updates
ディスクドライブチャンネルで「本体の更新」が出なくなる。

Block Online Updates
本体設定からの本体更新時に32007エラーを返す。

No System Menu Background Music
WiiメニューのBGMを再生しない。

No System Menu Sounds AT ALL
Wiiメニューで音声をミュートにする。

Move Disc Channel
ディスクドライブチャンネルをA+Bボタンで移動できるようにする。

Remove NoCopy Save File Protection
コピー禁止のセーブデータをコピー可能にする。

Recovery Mode (DISABLE Below hack first)
不明(未検証)。

Recovery Mode press Dpad-R on GC pad 4P
電源投入時ポート4に挿したGCコンの十字キー右でリカバリーモードを起動する。
(通常時は上下左右押さなければならない)

Region Free EVRYTHNG
リージョンチェックを無効にする(未検証)。

No-Delete HAXX,JODI,DVDX,DISC,DISK,RZDx
上記のIDのチャンネル(HBCやDVDXなどで使用されていたID)をアップデートで削除されないようにする(未検証)。

Enable Bannerbomb v2
Banner Bomb v2を4.3Jでも使用可能にする(未検証)。

Force Wifi Connection Test Failure
WiFi接続テストで52130エラーを返す。

Blackscreen at Wii System Menu startup!
Wiiメニューを起動するとブラックアウトするようにする(未検証)。

Freeze Wii at Healthscreen!
安全画面でAボタンを押すとフリーズするようにする(未検証)。


おすすめの設定はこんな感じ。(hacks_hash.ini使用時)

PL10.jpeg
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトかゆいところに手が届く! Priilorderの使い方

Leave a Reply

* 16文字以内
* 24文字以内
* 16文字以内
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。