上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回はPS1のBIOS吸出しで新しい方法を見つけたので紹介します。

今までPS1のBIOS吸出しはプロコムズリンクの使用が必須となっていました。

しかし今回紹介する方法はプロコムズリンクを使用しません!

かなり敷居が下がったといってよいでしょう。

(それでも多少必要な物がありますが。)

恐らく日本初上陸?です。

用意するもの
・プレステ
 (型番がSCPH-3000以下のもの。
  5000出来るようですが複雑なので今回は3000で行いました。
  MODチップがあればどの型番でも構いません。)

・メモリーカード
 出来れば5枚。1枚でも出来ますが作業効率が違います。できるだけ多く。

・メモリーカード吸出しツール
 メモリージャグラーなど。
 私は持っていないのでPS2(メモカブート出来るもの)を使用しています。

BIOSDumper
 フォーラムに登録しないとファイルがダウンロード出来ません。
 Dumper.zipとbiosmerge_windows.zipをダウンロードしてください。

 なんか消えてるのでこちら
 PlayStation Development Network • PSX BIOS Dumper

・CD-ROM

・ティッシュペーパーやセロハンテープ
 PSの蓋開閉検知ボタンを固定するために使います。

手順

1,DumperをCDに焼く
 Dumper.zipに入っているPSX.EXEをCDに書き込みます。
 私はImageBurnを使いました。

2,蓋開閉検知ボタンを固定する。
 蓋を開けて右上辺りにあります。

3,Dumperを起動する
 手順は
 蓋を開けたまま正規のソフトを入れて起動(ボタン固定済み)
 ソニーのロゴが表示され、画面が暗転する瞬間に焼いたCDと入れ替える。
 言葉で言ってもわかりづらいので動画にしました。
 2:40あたりから御覧ください。


4,BIOSをメモリーカードにコピーする
 Dumperを起動したらメモリーカードにPart1~5に分けてBIOSを書き込みます。
 1つが終わったらPS2を起動してuLaunchなどのファイラーでUSBにコピーします。
 画像ではLbFnでコピーしています。
 これをPart5まで5回繰り返します。
 ここでメモリーカードがたくさんあると作業が楽になるわけです。

rec20121120-204408.jpeg

rec20121120-204528.jpeg

rec20121120-204603.jpeg

rec20121120-205105.jpeg

5,セーブデータから仮想メモリーカードを作成する
 メモリーカードキャプターさくらを使用して作成します。
 作り方はこちらの記事の手順1から3を御覧ください。
 作成した仮想メモカはBEF~FBIOSPT1のものをPart1.mcrという風にリネームしてください。

6,BIOSを結合します
 Part1.mcr~Part5.mcrをBIOSmerge.exeと同じフォルダに置き実行します。
 生成されたSCPH-XXXX.binがBIOSになります。

WS000004_20121120231939.jpg

7,動作テスト
ZEBRAにてテスト。
WS000005_20121120232454.jpg
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトPlayStationのBIOS吸出し【プロコムズリンク不要!】

says...

Date:2014/04/27 17:06

http://ngemu.com/threads/psx-bios-dumping-guide.93161/
こちらによると作者さんのサイトはこちらのようで会員登録は不要です

http://shendosoft.blogspot.jp/2013/07/psx-bios-dumper-26-released.html

says... 補足

Date:2015/06/03 03:31

SCPH-3000でも、動画のようにできないのがあるみたいです。できないほうのSCPH-3000を買って来てしまったのですが、ここのサイトをみたらできました、http://www.geocities.co.jp/Playtown-Denei/7517/ps_tec2.htm ハードオフで本体108円でしたw

Leave a Reply

* 16文字以内
* 24文字以内
* 16文字以内
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。