上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

d2x cIOS Installer 3.1の日本語化パッチを作成しました。

https://dl.dropbox.com/u/52595277/Wii/Utl/d2xcIOSInstaller3.1_JapanesePatch.zip

パッチはWinIpsで作成しました。GoogleCodeよりファイルをダウンロードし、
boot.dolにパッチを当ててください。

また改変したソースコードのパッチも同梱されています。
自分でいじってみたい人はどうぞ。(ソースはr7です)
※control.ipsはcontrol.c、gui.ipsはgui.hのパッチです。

いじってみたい人へ

gui.hで罫線の文字指定を行なっていますが、
libogcとlibogc_SJISで対応する文字が変わっています。
libogcはlibogcのソースのconsole_font_8x16.cを見ていただければわかりますが、
libogc_SJISで使っている東雲フォントの一覧をまとめてみました。

WS0006.jpg

左と真ん中に縦に並んでいるのが十の桁、上に並んでいるのが一の桁です。
例えば「+」の場合、「2b」となります。これをを変えたいところに書き込みます。
しかし、gui.hは10進数で指定してるので16進→10進に変換する必要があります。
16進→10進変換はWindows付属の電卓で出来ます。
今回の場合、「2b」は「43」になります。
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトd2x cIOS Installer 3.1 日本語化パッチ

Leave a Reply

* 16文字以内
* 24文字以内
* 16文字以内
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。