FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラウザでiTunes プレビューのページ見てると「iTunes で見る」ってリンクがあってWindowsなりOSXでそれクリックするとiTunesでそのページが開かれる機能がある。
それをLinuxでもやりたかった人のお話。(失敗)

リンククリックしたらiTunesが起動するところまではこぎつけたけど、

・普通にiTunes開いただけでそのページは開かれない
・Chromiumだとうまくいかない(Firefoxだと出来る)

という感じで微妙。(Chromiumはプロトコルの設定周りの問題だと思われる)

参考
freedesktop.org 規格のデスクトップファイルについてのメモ - Λlisue's blog
xdg-open - ArchWiki

手順
1,WineのiTunesを開くDesktop Entryを書く
 なんかDesktop EntryのExec項でスペースを含むファイルパスはうまく行かないっぽいので、
 シェルスクリプトをクッションとして挟む。
 シェルスクリプトはどこに置いてもいいです(~/.local/binというディレクトリ作った)
 Desktop Entryは~/.local/share/applications/に置く
 IconとかCategoriesはお好みで。
 aiconってツールでiTunes.exeからアイコン抜き出せて便利
 %uってやつはURLとか開くときに必要。
 あとはchmod +xで実行権限をつけるのを忘れずに(両方共だっけ)



2,xdg-mimeでitmssプロトコルを登録する
 リンクからiTunesが開くのはitmssとかいうプロトコルがiTunesに関連付けられてるかららしい。
 なのでさっき書いたDesktop Entryにxdg-mimeで関連付ける

$ xdg-mime default itunes.desktop x-scheme-handler/itmss

~/.local/share/applications/mimeapps.listとかいうファイルに
x-scheme-handler/itmss=itunes.desktop
という行が追加されたと思う。

3,リンクをクリックする
 これでFirefoxなら画像の感じになってOK押せばiTunesが起動するはず。

itunes_003.png

備考

結局どうやってiTunes.exeにURL渡すのかわからんかった。
単純に「wine iTunes.exe itmss://ほげほげ」ではダメだった。Windowsのプロトコルの関連付けの仕様がよくわからん。
chromiumのプロトコル設定もわからん。
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトLinuxで「iTunes で見る」のリンクを開きたかった話

Leave a Reply

* 16文字以内
* 24文字以内
* 16文字以内
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。