上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最初に結論
・yaourtは/tmpでファイルを展開してパッケージを作る
・tmpfsはデフォルトだとRAMの半分(RAM8GBなら4GB)まで使える
・chromiumのソースコードはクソデカい(.xzの状態で1GBover)
つまりデカいパッケージを作ろうとするとtmpfs(とRAM)を食いつぶした挙句パッケージの作成に失敗して死ぬ。
しかもyaourtはパッケージの作成が失敗するとファイルを削除せず残すのでtmpfsが使えなくなる。


AURのvivaldi-ffmpeg-codecsを入れようとしたらパッケージの生成に失敗する。







※3GBでなく恐らく4GB


回避策は
・tmpfsを大きくする
・やばそうなパッケージはyaourt -GでPKGBUILD取得して手動でmakepkgする

ぐらいかな
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイト【メモ】yaourtでデカいパッケージ入れようとしたら失敗する話

Leave a Reply

* 16文字以内
* 24文字以内
* 16文字以内
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。