以前からxkanonに執心している私は何度もビルド&インストールに挑戦してきた。

オリジナルソースをビルドしようとする→gtkmmの古いバージョンに依存してて死ぬ
古いgtkmmがあるDebianを試す→他のところでビルドが死ぬ

とつらい思いをしていたのですが、pkgsrcにポートしている人がいまして、それをビルドして満足していました。
https://github.com/tsutsui/pkgsrc-wip-xkanon

で、久しぶりに使おうと思ったらArchでpkgsrcのnbpatchのビルドが止まりつかえない…

そこでなんとなく情報を探していたところ、xkanon-gtkなるものを発見。

消えた作者の日記のはてブなどから察するに、どうやらユーザーからパッチをいただき適用したらしい。

でこいつをビルドしてみたところ、warningが大量に出るもののビルドは完走し、ゲームも起動したのでPKGBUILDを書いてみた

既知の問題としては
・音が出ない。
 --enable-alsaしてみたら途中でフリーズしたりする
・HiDPI環境だとフォントサイズがおかしい
 どうでもいい。--fontsizeでごまかす
・Makefileに存在しないルールを呼び出すルールがある
 謎。しかもそのルールは存在しない.poをmsgfmtしようとするので、
 xkanon-071209.tar.gzからファイルを引っ張って来る羽目に。
・UIが英語になる
 gettextとか.mo周りだと思われる。
を確認した。

とりあえず起動するので直せる人いないかなーと思い書いた。
スポンサーサイト