そもそもマウスジェスチャは2001年にあの伝説のOperaが実装して広く知られるようになったらしい。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%B9%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC#.E6.AD.B4.E5.8F.B2

かく言う私もOperaで初めてマウスジェスチャに触れた。OperaのマウスジェスチャはOpera自体が提供していたこともあってたくさんのアクションを行うことができ、しかもそれはキーボードショートカットやコンテキストメニューと共通のアクションでとても柔軟なものだった。

まぁOperaの素晴らしさを語ったら長いのでここでは割愛する。

とにかくマウスジェスチャは便利で標準非標準問わずたくさんのブラウザで使用できる。

アドオン大好きFirefoxでもAll-in-One Gesturesなるアドオンが2004年には存在していたらしい

https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/all-in-one-gestures/versions/

で、今私が使っているChrome/Chromiumだが、これがなかなかマウスジェスチャ愛好家にはつらい状況だ。
Chrome4で拡張機能を使用できるようになった。多分一番最初にリリースされたマウスジェスチャ拡張はGestures for Google Chromeだろう。
当時使ったが使えるアクションが少なくて辛かった気がする。とりわけ印象に残っているのは「タブを固定(ピン留め)」のアクションがなくて不便だったことだ(最近のやつは使えたと思う)

同時期かちょっと後にリリースされたSmooth Gesturesも有名だろう。
おしゃれな感じのUI、タブのピン留めができたのが印象深い。
ただ、スパイウェアだかアドウェアだかなんだかでストアから削除されてしまった。
スパイウェア機能削除版が配布されたり、ストアでSmooth Gestures Plusなる後継っぽい拡張がリリースされるなどユーザーは多かったようだ。(名前とか(恐らく)コードパクっといてシェアウェアとか何様感があるが)

最近は他にも拡張がリリースされいろいろ選択肢も増えたがここで困った問題がいくつかある。

1,最近のChromeリリース版はChrome Web Storeにない拡張はインストールできない
2,Chromeを同期してると拡張も同期・インストールされ、有効/無効の状態まで同期される
3,LinuxやOSXでは多くのマウスジェスチャ拡張がうまく動かない
 参考
 マウスジェスチャーとかコンテキストメニューを dispatchEvent で表示させようとした調査とか - satosystemsの日記
4,Dev版やCanaryでもなぜかストアにない拡張が無効にされたりする(謎。バグか?)


まず1はセキュリティの問題なので仕方がない。しかしこの変更でSmooth Gesture修正版を使うことができなくなってしまった。

そこで他の拡張を入れるわけだが、Windowsで拡張を入れても2にあるとおりLinuxでChromiumにログインするとLinux側でも拡張がインストMouseールされる。
しかし3の通りLinuxではマウスジェスチャがうまく動かない。しかもコンテキストメニューとバッティングしてとてもキモい。そしてWindowsでは有効、Linuxでは無効と言ったこともできない。
で、それぞれの拡張を見てみると、

・Gestures for Google Chrome
 コンテキストメニューとバッティング
・Smooth Gestures Plus
 シェアウェア。Linuxではコンテキストメニューを右ダブルクリックにするか、
 Smooth Gestures Plus Extraなるものをローカルインストールして回避するかのどちらかが行える。
 後者を試してみたがshebangが#!/usr/bin/pythonの割に
 python2依存してるし(Archはすでにpython3になっている)、
 python2で実行しても動かなかった(環境の問題かも)
・crxMouse
 コンテキストメニューを右ダブルクリックにできる
 以前はLinux Chromeでマウスジェスチャといえばこれだったが、
 スパイウェア疑惑が出た(現在はどうか未確認)
・miniGestures
 GPLv3でライセンスされた拡張。公式サイトでもトラッキングはしないと宣言してるらしい。
 新しいタブを開くというアクションがなくてつらい
 (GPLでgithubにあるので自分で直せといをう話だが)
 Linuxでも動いたようだが最近(42?)でを動かなくなってしまった(残念)

とまぁ色々厳しい状態。

そんな中発見したのがsmartUp Gestures

Linuxでもコンテキストメニューを右ダブルクリックに変更可能、タブをピン留めや新しいタブを開くなどもできる、設定画面のUIもモダンでよく動くと結構いい感じ。
ちなみにコンテキストメニューが右ダブルクリックでうぜー、Windowsだけでマウスジェスチャしたいという人は「Fix Linux/Mac context なんたら」のチェック外せばバッティングせずコンテキストメニューが使える。
ちょろっと探しがソースコードが公開されていないようなのでトラッキングなどの心配はあるが、気になったら拡張が保存されてるディレクトリ開いてソース読めばいいだろう。
(Linuxなら~/.config/chromium/Default/Extensions)


参考
Chromebook のマウスジェスチャを CrxMouse から miniGestures(+α)に乗り換えた - fudebako
Mac Chromeにマウスジェスチャー拡張 smartUp Gestures を入れた | EasyRamble
スポンサーサイト